2015/07/31 20:02

抽選結果のお知らせ

先日、大相撲九月場所(東京)のチケットの先行抽選販売に申し込んだんですよ。4人マス席。
とりあえず当選したら、行きたい人4人集めてICHIMIのSUMOTシャツ着て観戦したいな~って思って。

メールのタイトル:抽選結果のお知らせ[【チケット大相撲】大相撲九月場所<4人マス>〔東京〕]

タイトルみた瞬間に、きた!!当選だ!!って思いましたね。
だいたい抽選のモノって当選者にだけ連絡するのが最近のパターンですからね。
さて、チケットは第3希望まで申し込めるので、どのチケットが当選したのか確かめるべくメールを開封したんですよ。

ポチッ! なんと!! まさかの!!! 【落選】・・・。


あ、そうなんですか。。。

落選の通知がくるのは東京マラソンだけかと思ってましたわ。9年連続して届いているあの落選メールだけかと思ってましたわ。
ちなみに大相撲九月場所のチケットは8月8日から一般販売されます。
僕たちは相撲協会とは一切関係ないですが一応書いておきます。

でも実は、本場所よりも巡業で行われる”初っ切り”(しょっきり)のほうが観たいんですけどね。面白いんですよ”初っ切り”って。折角なんで動画貼っときますね。あなたの知らない相撲の世界が見れますよ!!
あ、僕たちは相撲協会とは一切関係ないですよ。

(序盤は02:00頃からのラリアットが最高です)

余談ですが、8月1日からは東京マラソンの申し込みがスタートですね。今年も落選覚悟でもれなく申し込みまけどね!!
つい、悔しくて話が長くなりました。割りとどうでもいい僕の話はこれくらいにします。
↓ブログ本編をどうぞ↓

相撲は国技か


日本の国技と聞かれて思い浮かべるのは相撲や柔道でしょうか。
剣道という方もいらっしゃるかもしれません。
どれも日本の風土に根ざした昔から伝えられる競技ですね。

しかし、しかしです。


相撲も柔道も剣道も国技じゃないらしいんです。


特に相撲は疑いもなく国技だと思っていました。

しかし各国が独自に法令で定めている国技とは異なり、日本は相撲を国技とは認定していません。
だって国技館でやってるじゃん!と思われるかもしれませんが、あれはあの建物の名前をつけるときに「国技館にしよう」との提案があり、そのまま相撲が国技かどうかの問題の前に国技館という名前だけつけてしまったんですね。

そんな国技館のミスリードもあり相撲=国技という認識が一般に広まっていったんですね。

ただこの国技を法令で定めている国はそんなに多いものではありません。どんな国が法令で国技を定めているかちょっとヤホーで調べてみました。

カナダ:アイスホッケー

ブラジル:カポエイラ

アルゼンチン:パト

韓国:テコンドー

バングラデシュ:カバディ

など。

あとは「なんとなく国技っぽいよね」的なものになります。

例えばアメリカのベースボール、アメリカンフットボール、バスケットボール。ロシアのサンボ、タイのムエタイ、スペインの闘牛など。イタリアに「フォーミュラカー」との記述もあったのも興味深い。フォーミュラカーというよりフェラーリ一択じゃないのかね。

これに日本の相撲も含まれるわけです。「事実上国技と言っても差し支えない」というべきなのでしょう。


そーいうことなのでいまさら「相撲は国技かどうか?!」なんて議論しなくても事実上国技っぽい、としておくのがいいような気がします。いろいろ蒸し返すのも野暮ってものです。

例えればいろいろコトを済ませたカップルが「ねぇ、わたしたち付き合ってるの・・・・?」と聞くようなものです。
あ、それはキチンと聞いておいたほうがいいか。


ICHIMIの相撲Tシャツ、国技館あたりで着てれば大人気のはずです。