2015/07/29 14:12

錦織選手などの活躍によりにわかにメディアに取り上げられる事が多くなり、注目されているTENNIS。
来月末からは今年最後のグランドスラムである全米オープンです。

さて、先日終わりましたが、ウィンブルドン。
いつかはあのセンターコートで観戦したいと思ってます。チケットが恐ろしく高いのでいつ行けるかは検討もつきませんが、あの特別で特殊な伝統を重んじるすごい大会に憧れてます。ウィンブルドンの話は書くと尽きないですが、1つだけ紹介。

選手のユニフォームはホワイト縛り、シューズもシューズのソールもホワイト縛り。練習着も当然ホワイト縛りです。近年更に厳しくなってきて、パンツ(下着)もホワイト縛りになったようで。選手をサポートしている各スポーツメーカーやブランドのホワイトウェアーのデザイン対決も見ものなんです。

ところで、なんでテニスボールって黄色なのか疑問に思った事ないですか?

・・・ない?  あ、そうですか・・・。それでは僕の話はこれくらいにします。
↓ブログ本編をどうぞ↓

“テニス”と聞いて”軽井沢”を反射的に思い浮かべてしまうあなたはバブル期の残党ですね?


いまの若い方からしたらハァ?てなもんですが、テニスといえば軽井沢なんです。

80年代〜90年代を駆け抜けてきた今はオッサンとオバ・・いや、美魔女さんたちはその昔、夏は軽井沢でテニスをして、冬は苗場でスキーをするのがステータスでした。

しかしバブルが弾けて苗場のリゾートマンションは価格が急落して今やタダ同然の価格で投げ売りされ、軽井沢でインテリぶってテニスをする大学生もすっかりいなくなりました。

そのようにしてテニスは軽井沢、スキーは苗場というイメージが刷り込まれてきたんですね。
わたくしがテニスを思い浮かべる時何故か”レモン”が出てくるんです。

なーんでかな〜。

レモンとテニス全然関係ないのにな〜。
そう思い、思考を続けるとテニスとレモンの関係性が解明されました。

レモンといえばジュース。

レモンのジュースといえばレモンスカッシュ。

レモンスカッシュ、レモンスカッシュ、スカッシュ。。。

スカッシュ!

スカッシュ。

ラケットとボールで行う競技。

テニス。

なるほどね。だからテニスを思い浮かべるとレモンが出てくるわけだ。


しかし、いま最もレモンでテニスな男は彼でしょう。

C.C.レモン 松岡修造 元気応援プロジェクト

落ち込んだときはこの応援ムービーを見て元気を出しています。