2015/07/10 18:37

ICHIMIスポーツシリーズTシャツ アメフト編


日本ではあまり馴染みのないスポーツですが、アメリカでは国民的スポーツとして親しまれております。
毎年2月に行なわれるアメフトのシーズン優勝決定戦である「スーパーボウル」はアメリカ全土を巻き込んだ国家的イベントにまでなっています。

テレビ中継での視聴率は40%以上、一億人以上が視聴するというモンスターイベントです。

ハーフタイムショーが豪華過ぎるのも毎年の話題になっていますね。
1993のマイケル・ジャクソンを皮切りに毎年すごいメンツがハーフタイムを彩っています。
エアロスミス、U2、ポール・マッカトニー、ローリング・ストーンズ、マドンナ、ビヨンセなどなど。
さすがエンターテイメントの国アメリカですね。

ハーフタイムに豪華なショーを行うようになったのは理由があって、ハーフタイムになるとアメリカ中の人が一気にトイレに行くため、アメリカ中の下水管の水圧が一瞬にして上って下水管が破裂してアメリカ中がウンコだらけのアルマゲドン状態になってしまうという理由から豪華なショーにしてトイレに行かせないという狙い、とのこと。

ほんとかよ。

そんなアメリカの文化にまでなっているようなアメフトですが、日本ではルールすらよくわかってない人も多いのではないでしょうか。はい、わたしです。ラグビーとおんなじような形のボールだし、ラグビーと何がちゃうのん?とアメフトに詳しい人にざっくり聞いたら、

「野球とサッカーを足して2で割ったかんじ」

とざっくり返ってきた。全然わからない。

試しに試合を知識ゼロで観てみたのだが、アメフト分からない人間のわたくしがアメフトの試合を観て感じた疑問ベスト3。

 
第3位
いつ試合始まるの?


答え:もう始まってた

ラグビーみたいに常に大男たちがぶつかり合ってウォォォォォみたいに突進してるイメージで観たら全然ちがう。むしろ止まってる時のほうが多いし、いつ試合なん?いつぶつかり合うのん?となる。

 
第2位
ボールどこだよ


大男がワチャワチャしててボールが何処にあるのかよく見えないんですが。

 
第1位
なんで喜んでるのかわからない


なにがどうで点になるのかわからないので、プレイヤーがなんで喜んでいるのかわからない。ヘルメットして顔も見えづらいので喜んでるのか悔しがってるのかすら判断つかないことも。

 

そんなド素人であるわたくしがアメフトって面白そうだなとおもったきっかけがこの動画↓

ゴールデンエッグスですね。
なつかしいし、いま見ても面白いですね。

そしてルールすら知らないアメフトをイメージだけでTシャツにしたのがこれです。

ゆるいですね。実にゆるい。大男がぶつかり合うスポーツとは思えない。
これ着てアメフト観戦しに行ったらルールすら知らない雰囲気満載なので、隣の人が実況でルール教えてくれるかもしれない。